クレジットカード現金化に夢中

クレジットカード現金化って法律的には大丈夫なの?

no_image

審査などを受ける必要がなく、多くの人が手軽に利用できる借入サービスが、クレジットカード現金化となります。クレジットカード

ポイント還元率が高いクレジットカード

no_image

私はクレジットカードをたくさん持っていますが、用途に応じて使い分けています。普段の食料品や消耗品などの買い物はリ

クレジットカード現金化ができる業者の換金率について教えて下さい

no_image

クレジットカード現金化をするなら、換金率の高い業者を利用するとお得に利用ができます。 そのためには、どこの業者の換金率

クレジットカード現金化したんだけど債務整理はできる?

お金に困っており、クレジットカードの現金化をしてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、クレジットカードはある種の借金です。借金は必ず返さなければなりませんが、債務整理という形で減らすこともできます。では、クレジットカードの現金化をしてしまった場合でも債務整理で借金を減らす事はできるのでしょうか。今回は、そんな疑問を一緒に見て行きましょう。

債務整理とはどういった手続き?

債務整理とは、国が用意している借金をしている方に対する救済措置です。大きく分けて、3つの方法があります。

1つ目は、任意整理です。これは、弁護士が債権者(クレジットカード会社)などと交渉をし、借金の総額を減らしてもらうようお願いする方法です。また、今後の金利をカットし、借金を選んで返済できるようにもなります。

2つ目は、個人再生です。これは、裁判所に申請を行い、借金の返済が困難であると認めてもらう手続きです。認めてもらえれば、分割払い(最大5年)で返済することが可能となり、大幅な減額も認めてもらえる場合があります。

3つ目は、自己破産です。裁判所に申請を行い、免責許可が下りれば今までの借金が帳消しになります。しかし、財産を手放さなければならないなど、相応の処分はありますが、人生の再スタートを切ることができます。これが、大まかな債務整理です。では、クレジットカード現金化した時に、債務整理は行えるのか見て行きましょう。

できないケースもある?!現金化した時に債務整理は行えるのか

まず、任意整理と個人再生ですが、基本的に”バレていなければ”可能です。この2つの場合、必ず少しでもお金が返ってきますので、損失は大きく出ません。

しかし、クレジットカード会社に現金化をしていたという事実が、知られてしまっていた場合は任意整理は受け付けてもらえない場合があります。個人再生は、理由は不問となっていますので、ある程度は通ると言われています。

最後に自己破産ですが、クレジットカード現金化をしていた場合、免責不許可事由に該当し、自己破産ができないことがあります。借金を帳消しにするため、それなりに条件は厳しく設定されています。

クレジットカード現金化したら必ず返済するようにしよう

クレジットカード現金化しても、債務整理を条件付きで受けられることが分かりました。しかし、自己破産は”免責不許可事由”に該当し、受けられません。きちんと、クレジットカード現金化したのであれば、それに相当する代金だけは返済できるようにしておくと良いでしょう。

クレジットカード現金化研究報告TOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.1260thepledge.com All Rights Reserved.